展覧会

インタラクション:響きあうこころ

会期:2020年12月12日(土)~2021年3月14日(日)

閉場日:第1、第3水曜日、12月31日

観覧料:

一般 700円(500円)  大学生500円(400円)

*(  )内は20名以上の団体 *高校生以下は無料
*本展観覧券で常設展も観覧可

主催:富山市ガラス美術館

後援:北日本新聞社、富山新聞社、北日本放送、チューリップテレビ、富山テレビ放送

 

■カタログ

 

 

インタラクション:響きあうこころ

2020年発行/サイズ:A4変形/80頁/価格1,600

日英併記/デザイン:羽田純(株式会社ROLE)、

久保田光明(株式会社ROLE

 

[目次]

・ごあいさつ 渋谷良治(富山市ガラス美術館長)

・インタラクション 相互作用の芸術 芸術の相互作用

畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員)

・アーティストステートメント・図版
赤松音呂
磯谷博史
佐々木類

・インタラクション:響きあうこころ 青木智子(富山市ガラス美術館学芸員)

・作品リスト

・作家略歴

会場:展示室1・2(富山市ガラス美術館2階)

コレクション展2020-II

チェコガラスのレジェンド:リベンスキー&ブリフトヴァ、その門下たち 

会期:2020年12月19日(土)~2021年6月13日(日)

閉場日:第1、第3水曜日、12月31日
※開場時間、閉場日は変更となる場合があります。詳しくは当館ウェブサイト内の「お知らせ」をご確認ください。

観覧料:

インフォメーション

■観覧料

一般・大学生200円(170円)

※1( )内は20名以上の団体。高校生以下無料。

※2 本展の観覧券で6階グラス・アート・ガーデンもご覧いただけます。

 

■主催

富山市ガラス美術館

会場:展示室4・透ける収蔵庫(4階)

高橋禎彦 playtime

会期:2021年3月6日(土)~6月22日(火)

閉場日:3/17、4/7、4/21、5/12、5/19、6/9、6/16

観覧料:

一般800円(600円)大学生600円(500円)

  • 本展観覧券で常設展も観覧可
  • インタラクション:響きあうこころ展との共通観覧券 一般1,200円(1,000円)/大学生800円(600円)
  • 2021年4月同時開催企画展との共通観覧券 一般1,400円(1,200円)/大学生1,200円(1,000円)
  • ( )内は20名以上の団体
  • 高校生以下は無料

主催:富山市ガラス美術館

後援:北日本新聞社、富山新聞社、北日本放送、チューリップテレビ、富山テレビ放送

会場:展示室3(3F)

常設展

グラス・アート・ガーデン

デイル・チフーリ《トヤマ・ミルフィオリ》

デイル・チフーリ《トヤマ・ミルフィオリ》2015年
H280 × W940 × D580 cm 富山市ガラス美術館所蔵

コレクション展

スタニスラフ・リベンスキー&ヤロスラヴァ・ブリフトヴァ《Leaning》2000年 撮影:斎城卓

グラス・アート・パサージュ

富樫葉子 《みのり(#7)》

冨樫葉子《みのり #7》2015年
富山市ガラス美術館所蔵

観覧料

一般・大学生  200円(170円)  ( )内は20名以上の団体

○常設展観覧券でコレクション展及びグラス・アート・ガーデンをご覧いただけます。
企画展は企画展ごとに観覧料が異なります。詳しくはこちらへ。

減免等観覧料の詳細はこちら

ギャラリー

次の展示はまだ決まっていません。