小曽川瑠那
《雨と陽のはざまに 2018》
2018年
作家蔵

伊藤真知子
《Life form -Chorus-》
2019年
作家蔵
撮影:ハプト

谷口嘉
《Untitled》
2018年
作家蔵

勝川夏樹
《Fascination with magnification II》
2018年
作家蔵

渡辺知恵美
《清流の燈》
2018年
作家蔵
撮影:末正真礼生

言上真舟
《Scent of mist》
2017年
作家蔵
撮影:カリン・ビョーククイスト

猪野屋牧子
《Daydream of Butterfly》
2015年
富山市ガラス美術館
撮影:末正真礼生

展覧会

ミクロコスモスあらたな交流のこころみ

会期:2020年2月29日(土)~ 6月21日(日)

開場時間:午前9時30分~午後6時 ※初日は開会式(午前11時~)終了後開場
(金・土曜日は午後8時まで。入場は閉館の30分前まで)

閉場日:第1、第3水曜日(ただし5月6日(水)は開場、5月13日(水)は閉場)

会場:展示室1・2(富山市ガラス美術館 2階)

概要

本展覧会では、身の回りの世界と自分自身との関係について熟考しながら、ガラスを用いて表現を行う7人の作家をご紹介します。作家たちは身近な植物や生き物、あるいはそれぞれの表現素材そのものの中に、力強さや美しさ、生命感を見いだしながら作品を制作しています。自分とは異なる存在や物質と出会い、それらの成り立ちや性質に寄り添いながら、制作行為の中で自らの感覚を重ね合わせていくこと。こうした、自分以外の存在との交流のこころみの中で、作家たちは小宇宙とも言うべき繊細で複雑な作品世界を構築しています。豊かな想像力をもって周囲の世界と関わり合うことの重要性を提示する、ガラスと表現のあらたな様相をお楽しみください。

 

出品作家

 

伊藤真知子、猪野屋牧子、勝川夏樹、小曽川瑠那、言上真舟、谷口嘉、渡辺知恵美(五十音順)

関連プログラム

  • 開会式・出品作家によるリレートーク
    日 時:2020年2月29日(土) 午前11時より
    会 場:富山市ガラス美術館2階 ロビー
    参加作家:伊藤真知子、猪野屋牧子、勝川夏樹、小曽川瑠那、言上真舟、谷口嘉、渡辺知恵美

※一般の方もご参加いただけます。
※リレートークは展示室1・2にて行います。入場には本展観覧券をご提示ください。

 

  • ワークショップ「モデリングパートドヴェール体験-ガラスで塑像(そぞう)をしよう!-」

日 時:2020年3月7日(土)(1)午前10時~午前11時30分 (2)午後2時~午後3時30分
会 場:TOYAMAキラリ3階 セミナールーム
講 師:勝川夏樹(出品作家)
定 員:各回6名(事前申込制/応募者多数の場合は抽選)
対 象:小学3年生以上~大人まで

※申込方法などの詳細はこちらをご覧ください。

 

  • ワークショップ「-欠片を分け合う- 板ガラスでジュエリー制作」

日 時:2020年5月2日(土) 午後1時30分~午後2時30分
会 場:富山市ガラス美術館2階 会議室
講 師:谷口嘉(出品作家)
定 員:15名(事前申込制/応募者多数の場合は抽選)
対 象:小学5年生以上~大人まで

※申込方法などの詳細は本ウェブサイトにてお知らせします。

 

  • 学芸員によるギャラリートーク
    日 時:2020年3月14日(土)、4月4日(土)、6月6日(土) 各回午後2時より
    5月2日(土) 午後3時30分より

会 場:富山市ガラス美術館2階 展示室1・2

※事前申込は不要です。展覧会場への入場には本展観覧券をご提示ください。

インフォメーション

観覧料

一般 700円(500円)/大学生 500円(300円)

  • (  )内は前売り、20名以上の団体 ● 高校生以下は無料
  • 本展観覧券で常設展も観覧可

前売りチケット取り扱い(一般のみ)
アスネットカウンター℡076-445-5511/アーツナビ/TOYAMAキラリ1F総合受付

 

主催: 富山市ガラス美術館(富山市西町5番1号)
後援:北日本新聞社、富山新聞社、北日本放送、チューリップテレビ、富山テレビ放送

お問い合わせ

富山市ガラス美術館
電話:076-461-3100