【募集は締め切りました】「イヴァナ・シュラムコヴァ ここにあるもの」展関連イベント 参加型ワークショップのお知らせ

参加型ワークショップ
「ペン型リューターを用いての制作体験!オリジナルの器を作ろう」

企画展「イヴァナ・シュラムコヴァ ここにあるもの」の関連イベントとして、オリジナルのガラス作品を制作するワークショップを開催します。
本ワークショップは、直径15cmのお皿にリューターで絵を彫り込み、世界で一つだけの器を制作するものです。ご興味のある方は、ぜひご応募ください。

募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

・日 時:8月8日(土) ①午前10時~ ②午後2時~ (各回90分程度)
※制作の進度によっては時間を延長する場合があります。
※開催の30分前から受付開始。

・会 場:富山市ガラス美術館2階 会議室

・講 師:ワタナベサラ(ガラス作家)

・対 象:小学4年生以上(小学生は保護者同伴)

・定 員:各回5名(事前申込制、応募多数の場合は抽選)

・参加費:500円

※本プログラムは都合により変更、または中止となる場合があります。

 

【講師プロフィール】

ワタナベサラ(ガラス作家)

1990年生まれ、静岡県出身。2012年に倉敷芸術科学大学芸術学部ガラスコース、2014年に富山ガラス造形研究所造形科を卒業。その後、富山ガラス造形研究所の助手を経て、2018年から富山ガラス工房で技術スタッフとして勤務する。近年は、「富山ガラス大賞展 2018」(富山市ガラス美術館/富山)、「StreetKraft」(Habatat Gallery/アメリカ)といった展覧会に出品している。

[講師ウェブサイト:https://www.watanabesara-glass.com]

 

【申込方法】

下記の6項目を記載したEメールを、富山市ガラス美術館代表メール(bijutsukan-01@city.toyama.lg.jp)宛にお送りください。【7月17日(金)(必着)】

1)メールの件名「参加申込:リューター体験」

2)参加者氏名・ふりがな

3)参加回(①か②のどちらかを記載)

4)参加者の年齢

5)参加者の学年(児童・生徒のみご記入ください)

6)返信用の連絡先(Eメールアドレス及び電話番号をご記入ください)

 

ご注意:

※複数名で参加をご希望される場合でも、1名ずつの応募が必要です。

※本プログラムでは、ペン型のリューター(重さ約160g、持ち手の直径約3センチ程度)を長時間使用した制作を行うことを、あらかじめご了承の上、お申し込みください。

※当日、本プログラムの様子を写真撮影にて記録します。撮影した写真は、当館の活動の記録として印刷物やスライド、ウェブ上にて公開される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※参加申込の受付については7月20日(月)以降にEメールでご連絡いたします。
メールの設定により、当館からのメールが迷惑メールに入る場合がございます。メールを受け取ることが出来るよう、当館のメールアドレス(bijutsukan-01@city.toyama.lg.jp)のご登録をお願いします。